皆様、改めまして、明けましておめでとうございます。

前回は年頭所感とタイトルを付けたにも関わらず、大して
内容がなかったので、今年の抱負、弊社の想いを書いてみます。

 

今年は猪年です。
この干支が来る度に言われる猪突猛進の言葉のように一気呵成に
行きたいと言いたいところですが…

企業がそんな後先考えずに猛進は出来ません…

じっくり考えて、会社及び従業員が良い方向へ向かうように舵取り
をしようと思います。

色々と書こうと思ったのですが、あまり長く書いても仕方がないので、
私の経営に関する考え方を再度、書いてみます。

私自身、今の日本というのは、なかなか厳しい状況にあると思います。
その中でも生き残っていく為には、個々人が会社を利用し、仕事力を
付ける事が一番大事だと思います。

極端な事を書くと、うちの会社が無くなったとしても生き抜く人材を
育てる事が私自身の経営哲学です。
そして、これは私自身にも言えると考えております。

話はそれますが、私は賭博系のカイジという漫画が何故だか大好きです。
この中に出てくる利根川という男が発する言葉が何と言うか、仕事を
する上ですごく重要な事を言います。

例えば

話の前後があるので、この言葉だけ取り上げると、まあ無茶苦茶なんですが…
言ってる事は正しいです。

 

そして

このセリフは前後を加えると…



 

これも、的を得てるなぁと感心しました。
世間は私達の親じゃないので、シビアに結果しか見ないと…

別にカイジの宣伝をする訳ではないので、、この辺でやめますが、
このくらいの覚悟で仕事をしていこうと思います!

ちなみにこの利根川さん、勝負に負けた際に焼き土下座という
ものすごい事をやってのけます。