こんにちは。代表の瀬戸口です。

本日は前回の続きで新卒の方向けに、社会に出て働く事とはどういう
意味か、どんな事かを書いてみます。

自分で自由に使えるお金を得られる様になると前回書きました。
このお金というのが厄介で、使い方が重要になってきます。


私もまったく偉そうな事は言えないのですが、、、新人の頃に
教わった言葉は、「少しだけで良いから自分に投資しなさい」でした。

その当時、あまりよく分かってなかったのですが、これは何も遊びや
娯楽、欲しい物を我慢しろという話ではなく、一部で良いから自分を
成長させる為に使いなさいという意味だったんだろうと思います。

そこに正解はなく、
①本を読む
②スキルを身に付ける
③飲みに行って交友関係を広げる
④身なりを整える為に服を買う
⑤貯金する

例えるなら、こういう事が挙げられるかもしれません。
他にもあると思いますが、使って終わりじゃなく、使った分だけ少し
でも自分が成長するように出来れば、それで良いと思います。

そして、それを地道に続けられる人が数年、数十年後に大きく成長して
いると思います。

私自身、こう書きながら、お金の使い方を人様に教えられるような身分
ではありません。しかし、頭のどこかに置いておくようにはしています。

会社経営も同じだと思います。

 

お金を使わないのではなく、使った分だけ何かしら得る物がないと
いけない。。。

そう考える毎日です。

このような意味で自分でお金を得るというのは、色々な可能性を模索
する足掛かりになります。

もし弊社をお考えの新卒の方が見ておりましたら、こういう人生学を教えて
くれる先輩も弊社にはおります。

是非、挑戦してみてください。

 

 

以上