こんにちは。代表の瀬戸口です。
ありがたい事に来年4月からの新卒の方の応募を数件受付ました。

新卒採用というと、自分が社会で働き始めた時の事を思い出します。
色々と生意気な新入社員だったと記憶しています。

せっかくなので、学生の方に向けて私なりに”社会に出て働く”とは
どういう事か、
働き始めた後にどんな事を考えたかを書いてみます。

 

正直、働き始めるとなった時の第一印象は…
「もっと遊びたいなぁ。毎日疲れるんだろうなぁ。
楽しい事は無いんだろうなぁ。」
これでした。

実際はどうだったかと言うと、確かに疲れる事もありますが、
働き始めてからも意外と遊べるし、楽しい事も多いなと感じました。

もう少し詳しく書くと
働き始めると関わる人の年齢層が格段に広がります。
今までは同級生がメインの付き合いだったのが、同期、先輩、上司
お客様と年齢層もですが、関係性も広がります。
この関係性が広がる事で、色々な人と出会います。

中には苦手な方も出てきますが、気の合う方、自分を理解してくれる方
も出てきます。
そして、こういう方が遊びも仕事も教えてくれます。

社会人と言っても働くばかりではありません。
休みの日や業務終了後もあるので、自由に使える時間もあります。

この時間は学生と比べたら多くはないですが、
結局のところ、学生時代は時間は多くあってもお金がない。

社会人になれば、時間は自分で作るようになるし、多少なりとも
お金は持っているという状態になります。

 

比較すれば、お金が多少なりともある分、学生時代よりは自分に
対してお金を使えます。
自分で自由に使えるお金を持つというのは学生の方にはまだ理解
し辛い面もあるかもしれません。

しかし、これが働き始めても楽しい事もあると思える理由の
ひとつでした。

少し長くなってしまったので、続きは後日にします。